仕事向上・収入アップを妨げる「こだわり」を取り除く2つの方法

仕事向上・収入アップを妨げる「こだわり」を取り除く2つの方法


アミ

こんにちは!

プライベートを大切に

する働き方

「次世代自営業」を

伝えるアミです!

(プロフィール)

「こだわり」っていい意味で使われる

ことが多いですよね。

 

「こだわり」を持っているからこそ

素敵なこと、いいこと。

 

「こだわり」がある商品こそ売れる。

など・・・。

 

今まではプラスなイメージで

捉えられてきました。

 

 

しかし

これから時代が変わっていく中で

仕事に関しては

「こだわり」というのが

いろいろな邪魔をする

やっかいなものになってきます。

 

なぜかというとこれからは

こだわっている人が活躍するのではなく

悩みを解決してくれる人こそが

活躍する時代になってくるからです。

 

お客さんの悩み解決に

自分のこだわりは

必要ないですよね?

 

こだわりではなく

あなたの強みやスキル

必要としている人がいて

 

悩みを解決したい!と

思っているお客さんのために

サービスを提供するのが

正しい働い方です。

 

仕事にこだわりを持っていると

今後、収入が伸び悩んだり

時代に乗れないということが起きてきて

 

その仕事に追われるたり

仕事のストレスで

プライベートにも影響していくので

それを防ごう!ということで

この記事を書くことにしました。

 

 

 

昔の私は仕事に対して

「こだわり」の塊でした。

 

大好きな裁縫を仕事にしたり

憧れであるイラストレーターになりたくて

イラストレーターをやっていました。

 

でも

こだわりを持っていたせいで

成果が伸び悩んだり

こだわるが故に仕事に追われ

プライベートが大事にできていない状態に

陥っていきました。

 

このままではいけない、と思った私は

 

2つの方法でこだわりを

取り除いていきました。

 

その2つとは

❶こだわりを仕事からプライベートにシフトしていった

❷経営でうまくいっている人の思考をインプットしたこと

です。

 

こだわりの使い方を間違えると

全くちがう結果(収入の差や労働時間の差)

が出てくるということに気付いたので

それを今回はお伝えしていきたいと

思います。

 

今という時間の使い方で

将来が大きく変わってくる・・・

 

「今」という時間に

正しい方法で投資していきませんか?

 

では行きましょう!

❶こだわりを仕事からプライベートにシフトしていった

 

あなたは

現在、何か仕事でこだわっている

思い当たることってありませんか?

 

 

 

実は

そのこだわり

 

より良い働き方や

より良いプライベートにしていく

邪魔をしている可能性があります。

 

 

こだわりとは

 

「比較的どうでもいいことを

気にしすぎていつまでも気にかけたり

必要以上に手を加えたがること」

 

「ちょっとしたことを

必要以上に気にすること」

 

を言います。

 

 

仕事の内容に

こだわってしまうと

時間を無駄に使ってしまったり

正しい収入の増やし方や

正しい経営の仕方の情報を

シャットアウトしてしまうので

成果が伸び悩んだり

同じところで頑張り続けたり

してしまったりします。

 

 

1つのことを極めようとする精神が

日本人は強い傾向なのですが

 

極めるところを

間違えないようにしないと

収入もプライベートもレベルアップ

していくことが難しくなってしまいます。

 

※今のままでいい方はいいのですが・・・

 

 

 

「将来の仕事が不安だ」

「今のままではだめだ」

と思っている方は

やり方を正しい方法

していかなければ

ずっと今の状態が続いてしまいます。

 

 

 

私が一番お伝えしたいのは

仕事にこだわるのではなく

プライベートにこだわる

ということです。

 

こだわりを

仕事 →→→→ プライベート

シフトしていく、ということですね。

 

だって

仕事ばかりの生活ではなく

プライベートを豊かに

好きなことを思う存分する

生活の方が良くないですか?

 

 

 

こだわる部分をシフトするだけで

プライベートに自分の軸が

寄るようになっていきます。

 

 

 

だから

まずは、こだわりを

仕事 →→→→→ プライベート

に持っていくことが重要ですね💡

 

 

なぜ私がここまで

うるさく、プライベートにこだわって!

と言うかというと

仕事寄りな人がとても多いからです。

 

確かに仕事は

生きていくためには必要なのですが・・・

 

もし仕事をレベルアップさせていきたい

もっと効率のいい仕事を作って

プライベート優先の働き方をしていきたい

という場合は

 

今の仕事へのこだわりを

とっていくことが重要です。

 

仕事はお金を稼ぐことが目的です。

 

仕事にこだわることが目的では

ありませんよね。

 

もしプライベートを充実させたいのなら

仕事はなんでもいいくらいに思っておいた方が

いいです💡

 

仕事こだわらなくたって

知らない間に自分の役割である

仕事ができてくるからです。

 

❷経営でうまくいっている人の思考をインプットしよう

 

そして❶より

重要なことなのですが

経営でうまくいっている人の

思考をインプットすることが

大事になってきます。

 

私の場合は自動収入で

月100万円以上(20代の方)の経営者の方と

接していることや

 

4つの会社を運営している

経営者の方(30代の方)の

動画と音声を聞き続けていったことで

 

仕事へのこだわりは自然と取れていき

経営マインドをつけることができてきました。

 

自分の仕事に

こだわりが1つでもあるなと感じる方は

 

経営で成功している方の

動画や音声を聞き続けることで

こだわりは自然に取れていくので

これをおすすめします。

 

 

自分の脳だけで考えていること

って限られていていますよね。

 

自分の脳だけで頑張ろうとするから

こだわりが出てきて

結局、収入アップにつながらない

無駄な動きをしてしまったり

全く関係ないことばかり

してしまう傾向にあります。

 

世の中には本当に自分の知らない

情報がたくさんあります。

 

正しく収入をアップさせる方法も

情報としてあるのに

それを見過ごしていると

 

時代にあった働き方や

正しい経営の仕方を逃してしまします。

 

経営者に必要な情報だけを

素直に取り入れることって

本当に大事ですね!

 

以前の私は

本当に自分の仕事にこだわって

「自分で成功するんだーーー!」

の一点張りでした。

 

でもそれじゃぁ失敗するんです。

(失敗しました)

 

まずは経営マインドを入れましょう!

 

自営業・フリーランス

どんな仕事であっても

どんな人であってもみんな経営者です。

 

 

 

なぜあの人は

自分よりうまくいっているのか。

それも年齢もそう変わらないのに・・・。

 

それは「思考」にヒントがあったのです。

 

 

経営でうまくいっている人の思考

自分よりうまくいっている人の思考

 

それを

自分の脳に取り入れ

正しい方法で経営する

思考のアップデートをすること

が必要だったのですね💡

 

 

上手くいっている人の思考を

動画と音声だけでインプットしていく。

こんな簡単なことはないと思いませんか?

 

あとはその思考をもって

行動に移していけば大丈夫です。

 

まとめ

 

仕事向上・収入アップを妨げる

「こだわり」を

とった2つの方法は

こだわりを仕事からプライベートにシフトしていった

❷経営でうまくいっている人の思考をインプットしたこと

です。

 

仕事への「こだわり」は

とりのぞきましょう。

 

そして

正しくうまくいっている人の

経営者のマインドを脳に取り入れましょう!

 

時間は有限ですよね?

 

 

プライベートを充実させたいですよね!

 

未来で最大限

あなたの力が発揮されるように

仕事へのこだわりがあれば

ぜひ取り除いてくださいね。

 

 

アミ

ここまで読んでくれた

あなたへ伝えたいことが

あります!

私は自営業の働き方で

5年も 成果の伸び悩みや

時間に追われたりして悩んでいたのは

 

商品やサービスが悪かったわけでもなく

宣伝活動が悪かったわけでもなく

 

シンプルに

ネットマーケティングが

抜けていたからでした。

 

時間を大切にする働き方では

今の仕事にこだわる必要もなく

がんばって働きつづけることも

必要ありません。

 

ネットマーケティング力をつけた方法と

そして、私からの

レポートプレゼントもあるので

下のページから受け取ってみてください。

アミ

読んでみてくださいね。

 

今だけ無料プレゼント

 

このブログ記事いいな!

って思ってもらえたら

下のボタンをポチっと1回ずつ押してくださると

とても嬉しいです!

⬇︎⬇︎⬇︎

★★★★★★★★★★★

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ 

★★★★★★★★★★★

コメントは受け付けていません。


関連記事RELATED ARTICLE

LINEよりお気軽にお問い合せください

LINEでお問い合わせ LINEお問い合わせ arrow_right
keyboard_arrow_up