無料レポートプレゼント!「モチベーションを保つ方法」

無料レポートプレゼント!「モチベーションを保つ方法」

アミ

こんにちは

アミです。

このレポートを

読み終えたら

ぜひ下のフォームより

感想を送ってください。

 

また、このレポートは

少しでもわかりやすくなるように

定期的にどんどんリライトを

繰り返していきます。

 

なので、このレポートを読む中で

わからないことがあれば

感想と合わせて、遠慮せず私に教えてください。

 

 

 

では、本題に入ります。

 

 

モチベーションについてと

効果的にモチベーションを保つ

3つのポイントをお話します。

 

まず

モチベーションとは気持ちの中で起こる

「やる気」や「意欲」のことを言います。

 

他の言葉では

「動機付け」と言われています。

 

例えば

「あの車が欲しい」

「収入〇〇にしたい」

というきっかけがあった時に

モチベーションが働き

行動に移せるようになります。

 

 

モチベーションには

2つの種類があります。

 

 

1つは

自分の外の刺激によって

出てくるモチベーション

これは

憧れの人や尊敬する人など

こんな風になりたい!という欲求があると

 

それに刺激されて憧れや願望に

近づきたいと思って

努力したり行動したりできることです。

 

 

例えば

美容師に憧れて

「美容師になりたい!」という

夢を持ったとします。

その欲求である夢を持った時から

心の中で「よし!叶えるぞ!」

 

と思ってやる気を出しますよね。

 

それによって

美容師になるために

勉強したり努力したり

するようになります。

 

これが外からの刺激によって

出てくるモチベーションです。

 

もう1つは、自分の内面から

出てくるモチベーション

 

これは、外からの刺激ではなく

自分が好きなことや興味があることであれば

自然に行動に移せてしまうモチベーションの

ことです。

 

 

例えば

「釣り」が好きだったとしたら

釣りに行きたい!

という欲求がきっかけで

モチベーションが働き

自然に、体が動いて

釣りに行きますよね。

 

このように

意識しなくても

自然に行動に移せるのが

自分の内面から

出てくるモチベーションです。

 

 

この2つを知っておくと

自分のモチベーションは

何をきっかけに出てくるかを

分析することができます。

 

どちらのモチベーションも

大切なのですが

ある1のことを達成する際は

この2つの作用をどちらも含んでいると

モチベーションを保ちやすくなります。

 

 

ここまでは

モチベーションとは

ざっくりどういうものか

を書いてきましたが

次は、それを理解した上で

 

モチベーションを「保つ」

にあたっての秘訣を

3つのポイントでお話しします。

 

その3つポイントとは

✅ 1つの夢を紙に書く

✅ 一番近い仲間を思い描く

✅ 人と比べない・周りは気にしない

です。

 

最後に、補足と

私がサポートしたカフェ事業での

モチベーションは何だったかというのを

書いてみようと思います。

 

1つの夢を紙に書く

1つ目は

「夢を具体的に紙に書く」

ことです。

 

夢を書きだすことで

それを叶えようといういう

モチベーションが生まれます。

 

「この夢のためにがんばるぞ!」

と行動できるようになります。

 

具体的に紙に書くことが大切です。

自分で思い込む、というイメージです。

 

 

一番大切で

これだけは叶えたいというもの

設定してください。

 

夢は何個でも持っていい

というのもあるのですが・・・

 

細かい夢をつらつら書くよりは

1つこれだけは叶えたい!

というものをドーーン!

持っておく方が効果があります。

 

 

理由は

一番大切な夢にフォーカスすると

細かい夢もまとめて

叶いやすくなるからです。

 

 

1点集中で

夢を叶えていった方が

効果的です。

 

夢実現の日の設定は

6ヶ月後でもいいですし

1年後でもいいです。

 

あまりに遠い未来ですと

いつ叶えられるのだろうか…

 

と逆にモチベーションが

落ちてしまいます。

 

なので、6ヶ月〜1年後に

叶えられるような夢がおすすめです。

 

それから夢を設定するときは

ハードルが高すぎると

挫折してしまうことがあるので

達成可能そうだ!と思うような

夢を描いてみてください。

 

 

でもモチベーションによって

ミラクルが起こるかもしれないので

本当に叶えたい夢であれば

少々ハードルが高くても

叶えられるかもしれません。

 

その辺は自分での感覚で

決めてみてくださいね。

 

あとは夢を達成するために

小さな目標を設定ことができれば

なおいいです!

夢に達成のために

1ヶ月でやりとげること

1週間でやりとげること

1日〜数日でやりとげること

 

逆算するような感じ

書いてみてください。

 

ぜったいに

そうしなければならないことではなくて

あくまでも「モチベーション」を保ち

行動に移すためにやることです。

 

そして書いた紙を

見えるようにしておくことで

いつの間にか頭の中に定着するので

勝手に行動に移せるようになります。

 

そうして

小さな通過点である目標を

重ねていくと小さな成功体験

モチベーションになっていきます。

 

最初は思い通りに行かなくても

少しずつ習慣化していって

意識しなくてもできるようになります。

(勝手に目標達成されるようになる)

 

紙に書くだけで自動的に

行動に起こせるなんて

「モチベーション」の力は

すごいものですね。

 

 

それから

これは私がやっていることですが

自分の叶えたい夢を描いた

紙を、スマホのポケットに

入れています。

 

そしてたまにその紙を

広げて見ることによって

夢を自分に定着させ

モチベーションを保てるように

しています。

 

一番近い仲間を思い浮かべる

次に一番近い仲間を

思い浮かべることです。

 

特によく接している人や

この人がいるから

今、自分はがんばれると思える人です。

 

・家族

・支えてくれてる人

・尊敬する人

・自分が支えている人 など。

 

 

「モチベーション」が

下がりそうな時に

そんな人たちを頭の中で

思い浮かべてみてください。

 

 

そうすると不思議。

がんばれるんですね。

 

というのは

刺激をもらえるからなんです。

 

 

刺激はエネルギーとなり

行動するきっかけになります。

 

 

また、ちょっと辛いことがあっても

みんな乗り越えている

仲間もがんばってるから

私もがんばろうってなりますよね。

 

だから

自分で「モチベーション」を

あげるのではなく

常に自分の周りの人から

刺激をもらってモチベーションを保つ

ことも大切です。

 

人と比べない・気にしない

最後は

「人と比べない」

というものです。

 

これはモチベーションが

落ちやすい原因の1つのなので

気をつけましょう!

 

人は、見た目で

判断してしまいがちで

目で見えるもので

比べようとしてしまいます。

 

例えば、Twitterだとフォロワー数で

周りと比べてしまいがちですよね。

 

でもみんな始めた時期もちがいますし

使う目的もコンセプトもターゲットも

ちがうはずです。

 

モチベーションを保つには

「人と比べない・周りは気にしない」

が重要です。

 

誰でもすごい人を見ると

劣等感を感じてしまいます。

 

でも

比べる必要もないところに

目がいってしまうと

ついこそに気がいってしまい

変にエネルギーを使ってしまいます。

 

すると「モチベーション」が

落ちてしまいます。

 

「モチベーション」を保つには

エネルギーも必要なので

人のことはあまり気にしないようにして

エネルギーを蓄えておくこと

大切です。

 

目で見えることにとらわれず

あなたにとって大事なことを

大事にするようにしてください。

 

その軸がモチベーションを

下げない秘訣になります。

 

 

逆に刺激をもらえたり

すごいなぁと思える人のは

モチベーションをあげてくれる人なので

そういう人にフォーカスしたら

いいかなと思います。

 

まとめ・追記

✅ 1つの夢を紙に書く

✅ 一番近い仲間を思い描く

✅ 人と比べない・周りは気にしない

 

以上が、モチベーションを保つ

3つのポイントでした!

 

以上のことを踏まえて

あなたがモチベーションを起こせるのは

何なのか、それを明確にしておくと

モチベーションが落ちそうな時に

対策ができます。

 

モチベーションが落ちてしまうと

1日いい気持ちで過ごせなかったり

行動に移せないということが

起きてしまうので

 

くれぐれもそうならないような

工夫をしましょう!

 

 

 

それから追記ですが

サポートしたカフェでの

モチベーションの話をします。

 

カフェでのモチベーションは

「お客様の声・反応」で

「美味しかった」や「すごい豪華」

といった声が

キッチンのスタッフの方たちの

モチベーションでした。

良い反応をもらえるということは

今やっている意味を見出せたり

「これでいいんだ!」思えるので

自信がつき効果的です。

 

なので

事業でのモチベーションのアップは

「お客様の声」ということが多いので

感想をもらったりできたら

モチベーションにつながりますね!

 

 

 

ではこの辺でモチベーションの

レポートを終わります。

 

あなたにとっての

モチベーションスイッチを

ぜひ探ってみてください。

 

 

ここまで読んでくださり

ありがとうございます。

アミ

ぜひ感想を

送ってくださいね!

感想をもらえるとリライトがはかどって

あなたにより良い情報を提供できます。

感想お待ちしています!!

LINEよりお気軽にお問い合せください

LINEでお問い合わせ LINEお問い合わせ arrow_right
keyboard_arrow_up